We provide

for better
.

工夫、改善、発明、変革。
あらゆる変化をうみだす
何かをより良くしたいという気持ちを、
私たちは大切にします。

より大きなことや、より早いことが、
良いことだとは限らない時代に
本当により良いことを、
私たちは追求します。

先人たちが残した文化や歴史、
自然や環境を尊重し、
より良い未来につなぐことを、
私たちは心がけます。

What we do

01
for better
business
商品開発・ブランディング・コミュニケーション
事業やブランドをより良くするために、商品開発やブランディング、コミュニケーションまで総合的に取り組みます。お話を伺い、チームづくりから、企画立案、クリエーティブディレクションやコピーライティングなどでビジネスに貢献します。
See Case Studies
02
for better
community
自治体広報・地域の魅力づくり・地域活動推進
自治体の広報やコミュニケーション、コミュニティの活性化や市民活動の企画や支援など、地域の課題解決や新たな魅力づくりに取り組みます。地域の方々と協業しながら、その土地ならではのことを編集・開発し、継続的な活動を育みます。
See Case Studies
03
for better
education
研修・教育プログラムの提供
企業向けのクリエイティブ研修や人事研修、学校向けの授業やワークショップを提供します。広告やコミュニケーションの手法を応用した、楽しみながら体験できるコンテンツを通して一人一人の創造性を引き出します。
See Case Studies
04
for better
us
自社プロジェクト・商品・サービスの開発
様々な方々と協業しながら、自分たちが必要だと考えるプロジェクトやプロダクト、サービスをつくります。
See Case Studies

Works

Lower

Media

Forbes Japan

「ひとりのために」が、みんなのために【実践編】 2020/04/12 Writing 「ひとりのために」が、みんなのために 2020/03/26 Writing 人々にポジティブな気持ちを生む、「やさしい炎上」とは 2020/01/27 Writing 「重く作って軽く売る」脱・マーケティングのすすめ 2019/03/02 Writing 景気をケーキで表現すると? 「情報の五感化」の可能性 2017/08/21 Writing エアビーアンドビー創業者を輩出 「美大のハーバード」の意外な授業 2017/05/23 Writing 言葉の掛け合わせでアイデアを生む、「マジックワード」思考法 2016/10/10 Writing ダジャレで新しいアイデアを発想する「ダジャレノベーション」 2016/06/15 Writing

MASSMEDIAN

平和を実現するのはアイデア。電通Bチーム「平和」担当の思い 2021/01/19 Intervew

広報会議

長崎市民全員が「広報」 まちづくりの可能性を探る 2021/02 Writing パートナーを盛り上げる仕様書 求められるクリエイティビティ 2021/01 Writing まちを変える「はみ出す勇気」 既存脱却する自信をマネジメント 2020/12 Writing 脱ステレオタイプで地域にある媒体をどう活かす? 2020/11 Writing 広報はコミュニケーション 職員全員を広報パーソンに 2020/10 Writing

Web電通報

コロナ禍で居場所を失う子どもたちに、大人ができることとは? 2021/08/24 Intervew 飛躍したアイデアを生む「ミラクルワードカード」いかがですか? 2018/10/17 Intervew

新建築

「家のようなもの」の展望─ 「さんごさん」から見るこれからの家のかたち 2018/11 Writing

Hanako

KAI FUTURE LAB. ~こんなものあったらいいな、を妄想しよう! 第4回:商標大喜利(貝印の持つ商標から商品を妄想しよう!) 2019/10/28 Intervew

日テレNEWS24 the SOCIAL

ゲーム感覚で新しい平和学習を開発 2020/08/06 Intervew 地球をケーキで...令和時代の「平和学習」 2019/08/09 Intervew

Advertimes

8月9日長崎新聞に掲載された1万3000超の黒い丸の広告、そこで知らされた脅威と現実 2021/08/13 Intervew 「#8月9日に想像したこと」、多くの人の心を動かした長崎新聞のラッピング広告 2020/08/21 Intervew

ブレーン

長崎は日本の西海岸!?地元の魅力を対比で発信 2016/06/01 Intervew 真面目に楽しく考えながら、合同チームで実現。新コンセプトのお菓子キット 2014/12/01 Intervew 戦後75年目に向けた平和学習の新しいプログラム 2019/11/01 Intervew

六本木アカデミーヒルズ

New Concept採集 世界でいちばん簡単なアイデア発想法『ひっくり返し技』 2018/12/03 lecture バイオが倍おもしろくなる!? 「ダジャレノベーション」でバイオを身近にするワークショップ 2017/06/29 lecture 「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」 2016/06/29 lecture

ものづくり総合大会

ものづくり人材のための新しい改善・アイデア発想ワークショップ 2021/02/15 lecture ものづくり人材のための新しい改善・アイデア発想ワークショップ 2020/02/19 lecture

長崎新聞

「銅賞」 昨年8月9日の長崎新聞広告 平和公園の石畳 2021/04/09 Intervew ゲーム感覚の平和学習 高校生署名活動OB発案 2019/01/04 Intervew 被爆地の思い抱いて =高校生1万人署名から= 4 2001/08/07 Intervew

渋谷のラジオ

電通Bチーム渋谷支社 2019/04 lecture

Hills Breakfast

第101回 2020/01/16 lecture

Profile

鳥巣智行
portrait Tomoyuki Torisu
代表/
クリエーティブディレクター/コピーライター

長崎市生まれ。2006年千葉大学工学部デザイン工学科意匠系卒業。2008年同大学院自然科学研究科デザイン専攻修了。同年、株式会社電通入社。通信会社の営業を経て、コピーライターとして広告やキャンペーンの企画制作を行う。2012年から広告クリエーティブのスキルを広告制作以外の分野に応用するビジネスデザイン・ラボへ。通信会社や製菓メーカーとの新商品開発、自治体やディベロッパーとのまちづくりなどに携わる。2014年から電通Bチーム(旧:電通総研Bチーム)のメンバーとなり、企業の企画開発支援に加えて、Bチーム独自の発想法の開発とそれを用いた研修事業の提供も行う。Bチームの本「仕事に「好き」を、混ぜていく。」(翔泳社)「電通Bチームのニューコンセプト大全」(KADOKAWA)。2014年-2016年千葉大学工学部デザイン課非常勤講師。2019年から長崎市広報戦略アドバイザー。

2016年には、ルーツのある五島列島福江島の古民家を改修し私設図書館「さんごさん」をオープン。長崎の企業や自治体とのプロジェクトにも多数携わり、2019年から長崎市の広報戦略アドバイザーとして長崎市に深く関わるようになったことがきっかけで、より長崎に貢献したいと考え、2021年に長崎でBetter Inc.をスタート。長崎と東京の二拠点で活動しながら、ビジネスや文化の交流と活性化に取り組んでいる。

Contact

Nagasaki

850-0853 長崎県長崎市浜町11-19 OIDEOIDEビル 3F

さんごさん

  • for better
  • business
  • community
  • education
  • us
2016/08
五島列島 福江島にある、築80年の民家を改装した私設図書館。島内外の様々な人たちの「人生の3冊」を収蔵しています。
さんごさん

民家を改装した私設図書館

長崎県のさらに西の100Km沖合に浮かぶ五島列島。その中でも最も大きな福江島にある富江というまちの、築80年の民家を私設図書館に改装しました。友人たちと集える場所をつくるのが当初の計画でしたが、地元の方々との意見交換の場で「本に触れられる場所が欲しい」という話を伺いました。家族や仕事から離れてゆっくり本を読む図書館のような場所がほしいけれど、いまの島にはそういう場所がないという話を伺い、図書館をつくることになりました。

人生の3冊

図書館をつくることになったはいいものの、本がありません。図書館づくりの計画を周囲に話すと多くのかたが「うちにもいらない本があるから寄贈します」と言ってくれます。ありがたいことではあるものの、いらない本を受け入れてしまっては、限られた本棚がすぐに埋まってしまう。逆に大切にしている本を3冊寄贈してもらうことで他にはない本棚ができるのではないか。そんな考えから「人生の3冊」というアイデアが生まれました。寄贈してもらう人生ベスト3の本には名前、職業、その本を選んだ理由が書き込まれたシートが挟まれています。3冊に挟まれた選書の理由を読むことで、本を選んだ人の価値観の一端にふれることができます。2021年3月現在で、180名近く、540冊の「人生の3冊」が寄贈されました。五島や長崎、福岡、東京はもちろん、シドニー、ソウル、台北、シンガポール、バルセロナ、ベルリン、パリなど、世界中の人が参加しゆたかな本棚がつくられています。

さんごさんという名前

当初、この計画は地名と機能を組み合わせた「富江図書館」という名前で呼ばれていましたが、計画を進める中で、一般的な図書館という枠におさまらないこともできるようにしたいと考えるようになりました。宿泊施設やイベントスペース、コーヒーを飲めるカフェなど、様々な使われかたがイメージされるなかで、図書館と定義しないほうが良いのではないかと考えました。 また富江という地域は、かつて珊瑚漁で栄えたまちでもあります。いまでは数軒の珊瑚加工・販売店を残すのみとなっていますが、賑わっていた当時は一攫千金を夢見た猟師たちが日本中から富江という町に集まってきたといいます。台風などの水難事故でたくさんの漁師が命を失うリスクもあるなかで、海底から宝石珊瑚を引き揚げる夢を見た者たちのロマンが残る町。その地域の文脈をリスペクトし、身近に感じてもらうために、さんごさんという名前をつけることにしました。

活動

現地で館長を務めるのは大島健太さん。大島さんが中心となり、これまで様々な活動に取り組んできました。「こども大学」と題したイベントでは、こどもたちが地域の文化にふれる機会をつくることを目的に、さんごさんを設計した建築家能作淳平さんが富江の建築の特徴をみつけるワークショップを実施。浜口水産という蒲鉾業を営む濱口さんは「ホフホフすり身学」として、魚をつって、すり身にし、揚げて食べるまでを体験するプログラムを実施しました。「おとな小学校」では、大人を対象にブロックチェーン技術で地域通貨の仕組みがどう成立するかを議論するイベントなども開催しました。 地域の人たちの発案でイベントを実施することもあります。富江の花屋さんの提案でクリスマスリースをつくるイベントには幅広い世代のかたが参加しました。コーヒーイベントやデッサン教室から、古本、富江出身のアーティストの展示まで様々なイベントの実績があります。Instagramで施設の様子が公開されています。

CORAL COFFEE

館長の大島さんが創業したコーヒー焙煎所とコーヒースタンド。2017年にOPENしました。一杯のコーヒーは、国籍や言葉をこえたコミュニケーションを生み出します。CORAL COFFEEは、コーヒーを通じて人と人を繋げ、富江というまちを日本や世界に向けて発信していくことを目指しています。現在CORAL COFFEEで提供しているコーヒーは、すべて生豆から焙煎されています。定番として提供しているのは、珊瑚の色にちなんで「Pink Coral」「Red Coral」「Black Coral」と名付けた3種類。それぞれ五島の風景をイメージしながら、焙煎度合や使用する豆を変えています。

1/35

さんごさんの活動を通して地域と関わりを築いていくなかで、富江が持つ歴史に魅せられた私たちは、縮小してしまった富江珊瑚の魅力を、新しいかたちで発信できないかと思うようになりました。「田中珊瑚店」を営む田中さんと縁あって知り合い、珊瑚のかけらを見せていただきました。珊瑚を加工する際にうまれた「端材」として市場には出回らないものですが、1年で数ミリと言われる宝石珊瑚の成長速度を想像すると、海のロマンを感じずにはいられませんでした。珊瑚のかけらは、かつて富江に集った海の男たちの、夢のかけらのようにも思えます。ジュエリーデザイナーのMMAAが、この端材をアップサイクル。100年前の夢のかけらが、現代によみがえったように感じています。1/35(=珊瑚のかけら)を身につけることで、富江に思いを馳せていただき、いつか足を運んでいただけたなら幸いです。

さんごさん | 長崎県 五島市 富江町 五島列島、福江島。その南に位置する富江という小さな港町の築80年の古い民家。30年ほど空き家になっていたその家が、小さな図書館として生まれ変わりました。「さんごさん」という名前はか... http://sangosan.net/ 1/35 「世界にひとつの、珊瑚のかけら... 1/35 series は珊瑚のかけらが手にできる時にのみ35個ずつ製作されるアクセサリーです。 http://sangosan.net/1/35/ Design Hunting in Na... On Design Hunting, Andy and Shaula search for designs rooted in regional history and clima... https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2046109/ コーヒーひとつで繋がれる世界を、五島列島... with Baristaは、すべてのバリスタとコーヒーを愛する人に向けたブランド「ORIGAMI」 のオウンドメディアです。 https://with-barista.origami-kai.com/with_barista/sangosan/ Sangosan: an old min... https://www.spoon-tamago.com/2016/12/21/sangosan-library-fukue-island/ 長崎)「人生の3冊」募り私設図書館 交流...  五島列島・福江島(長崎県五島市)南部の富江町に、空き家となった古民家を改修した私設図書館「さんごさん」はある。蔵書はすべて縁あった人たちが「人生の3冊」を選んで寄贈したものだ。一... https://www.asahi.com/articles/ASN2N6SC7N2FTOLB01G.html Yahoo!ニュースさんのツイート: &... https://twitter.com/YahooNewsTopics/status/1159749208393408512?s=20

Other Works