We provide

for better
.

工夫、改善、発明、変革。
あらゆる変化をうみだす
何かをより良くしたいという気持ちを、
私たちは大切にします。

より大きなことや、より早いことが、
良いことだとは限らない時代に
本当により良いことを、
私たちは追求します。

先人たちが残した文化や歴史、
自然や環境を尊重し、
より良い未来につなぐことを、
私たちは心がけます。

What we do

01
for better
business
商品開発・ブランディング・コミュニケーション
事業やブランドをより良くするために、商品開発やブランディング、コミュニケーションまで総合的に取り組みます。お話を伺い、チームづくりから、企画立案、クリエーティブディレクションやコピーライティングなどでビジネスに貢献します。
See Case Studies
02
for better
community
自治体広報・地域の魅力づくり・地域活動推進
自治体の広報やコミュニケーション、コミュニティの活性化や市民活動の企画や支援など、地域の課題解決や新たな魅力づくりに取り組みます。地域の方々と協業しながら、その土地ならではのことを編集・開発し、継続的な活動を育みます。
See Case Studies
03
for better
education
企業研修・ワークショップ・教育プログラムの提供
企業向けのクリエイティブ研修や人事研修、学校向けの授業やワークショップを提供します。広告やコミュニケーションの手法を応用した、楽しみながら体験できるコンテンツを通して一人一人の創造性を引き出します。
See Case Studies
04
for better
us
自社プロジェクト・商品・サービスの開発
様々な方々と協業しながら、自分たちが必要だと考えるプロジェクトやプロダクト、サービスをつくります。
See Case Studies

Works

Lower

Media

Forbes Japan

新たな価値は辺境から生まれる。出島組織は出島に学べ 2022/07/20 Writing 「ひとりのために」が、みんなのために【実践編】 2020/04/12 Writing 「ひとりのために」が、みんなのために 2020/03/26 Writing 人々にポジティブな気持ちを生む、「やさしい炎上」とは 2020/01/27 Writing 「重く作って軽く売る」脱・マーケティングのすすめ 2019/03/02 Writing 景気をケーキで表現すると? 「情報の五感化」の可能性 2017/08/21 Writing エアビーアンドビー創業者を輩出 「美大のハーバード」の意外な授業 2017/05/23 Writing 言葉の掛け合わせでアイデアを生む、「マジックワード」思考法 2016/10/10 Writing ダジャレで新しいアイデアを発想する「ダジャレノベーション」 2016/06/15 Writing

MASSMEDIAN

平和を実現するのはアイデア。電通Bチーム「平和」担当の思い 2021/01/19 Intervew

長崎経済研究所

文化と変化のかけ算で、Betterな長崎を 2022/12 Writing

広報会議

長崎市民全員が「広報」 まちづくりの可能性を探る 2021/02 Writing パートナーを盛り上げる仕様書 求められるクリエイティビティ 2021/01 Writing まちを変える「はみ出す勇気」 既存脱却する自信をマネジメント 2020/12 Writing 脱ステレオタイプで地域にある媒体をどう活かす? 2020/11 Writing 広報はコミュニケーション 職員全員を広報パーソンに 2020/10 Writing

Web電通報

コロナ禍で居場所を失う子どもたちに、大人ができることとは? 2021/08/24 Intervew 飛躍したアイデアを生む「ミラクルワードカード」いかがですか? 2018/10/17 Intervew

Hanako

KAI FUTURE LAB. ~こんなものあったらいいな、を妄想しよう! 第4回:商標大喜利(貝印の持つ商標から商品を妄想しよう!) 2019/10/28 Intervew

日テレNEWS

「声をあげたり、自分から知ろうとすること、アクションを起こすことは微力だけど無力じゃない」 2022/04/29 Intervew ゲーム感覚で新しい平和学習を開発 2020/08/06 Intervew 地球をケーキで...令和時代の「平和学習」 2019/08/09 Intervew

NHK

ニシノハテ革命 2022/04/28 Intervew

長崎新聞

“よりよいまちに” 長崎をPR クリエーティブディレクター 鳥巣智行さん 2022/01/18 Intervew シンクタンク「長崎みんな総研」発足 衆院選 投票率向上キャンペーン展開 2021/10/19 Intervew 「銅賞」 昨年8月9日の長崎新聞広告 平和公園の石畳 2021/04/09 Intervew ゲーム感覚の平和学習 高校生署名活動OB発案 2019/01/04 Intervew 被爆地の思い抱いて =高校生1万人署名から= 4 2001/08/07 Intervew

Advertimes

8月9日長崎新聞に掲載された1万3000超の黒い丸の広告、そこで知らされた脅威と現実 2021/08/13 Intervew 「#8月9日に想像したこと」、多くの人の心を動かした長崎新聞のラッピング広告 2020/08/21 Intervew

ブレーン

長崎は日本の西海岸!?地元の魅力を対比で発信 2016/06/01 Intervew 真面目に楽しく考えながら、合同チームで実現。新コンセプトのお菓子キット 2014/12/01 Intervew 戦後75年目に向けた平和学習の新しいプログラム 2019/11/01 Intervew

六本木アカデミーヒルズ

New Concept採集 世界でいちばん簡単なアイデア発想法『ひっくり返し技』 2018/12/03 lecture バイオが倍おもしろくなる!? 「ダジャレノベーション」でバイオを身近にするワークショップ 2017/06/29 lecture 「NHKに集まる社会課題を、マジックワードカードで解決する120分!」 2016/06/29 lecture

ものづくり総合大会

ものづくり人材のための新しい改善・アイデア発想ワークショップ 2021/02/15 lecture ものづくり人材のための新しい改善・アイデア発想ワークショップ 2020/02/19 lecture

渋谷のラジオ

電通Bチーム渋谷支社 2019/04 lecture

Hills Breakfast

第101回 2020/01/16 lecture

新潟IPC財団

未来想像部×電通Bチーム「想像から創造せよ」全7回 Session.2 -アイデアを発想する- ミラクルワードカード 2021/11/12 lecture 電通Bチーム流 ニューコンセプトの作り方 2021/06/24 lecture

Profile

鳥巣智行
portrait Tomoyuki Torisu
代表取締役/
クリエーティブディレクター/コピーライター/
長崎みんな総研所長

長崎市生まれ。2006年千葉大学工学部デザイン工学科意匠系卒業。2008年同大学院自然科学研究科デザイン専攻修了。同年、株式会社電通入社。通信会社の営業を経て、コピーライターとして広告やキャンペーンの企画制作を行う。2012年から広告クリエーティブのスキルを広告制作以外の分野に応用するビジネスデザイン・ラボへ。通信会社や製菓メーカーとの新商品開発、自治体やディベロッパーとのまちづくりなどに携わる。2014年から電通Bチーム(旧:電通総研Bチーム)のメンバーとなり、企業の企画開発支援に加えて、Bチーム独自の発想法の開発とそれを用いた研修事業の提供も行う。Bチームの本「仕事に「好き」を、混ぜていく。」(翔泳社)「電通Bチームのニューコンセプト大全」(KADOKAWA)。2014年-2016年千葉大学工学部デザイン課非常勤講師。2019年から長崎市広報戦略アドバイザー。

2016年には、ルーツのある五島列島福江島の古民家を改修し私設図書館「さんごさん」をオープン。長崎の企業や自治体とのプロジェクトにも多数携わり、2019年から長崎市の広報戦略アドバイザーとして長崎市に深く関わるようになったことがきっかけで、より長崎に貢献したいと考え、2021年に長崎で株式会社Betterをスタート。長崎みんな総研の立ち上げや、NBCラジオ「やさしいラジオ」パーソナリティ、長崎新聞での連載「それもアリ研究所」などもスタート。長崎と東京を拠点に活動しながら、ビジネスや文化の交流と活性化に取り組んでいる。

Contact

Nagasaki

850-0853 長崎県長崎市浜町11-19 OIDEOIDEビル 3F

出島組織サミット

  • for better
  • business
  • community
  • education
  • us
2022/11
日本中の出島組織が長崎の出島に集結し、知恵の交易を行うイベント「出島組織サミットin出島」を開催しました。
出島組織サミット

いま、注目を集める「出島」

時代の変化が激しく正攻法では解決できない課題が増えるなかで、企業や自治体が新しいことを生み出すために、本体から離れた組織をつくり事業を推進する「出島組織」や「出島戦略」が注目を集めています。本イベントは日本中の出島組織が集結し、それぞれが抱える課題や知見を共有しながら、知恵の交易を行う日本初のサミットです。

世界から30組織が参加

初開催となった今回は、シンガポール、東京、神奈川、大阪、山口、福岡、大分、佐賀、そして地元長崎の30社・52名が参加。鉄道会社や航運会社、製菓会社など大企業から、スタートアップ支援企業、大学、自治体、伝統工芸など他業種の出島組織が知見を共有しました。

出島が出島で出島と出会う

会場となる長崎の出島は、1634年江戸幕府の対外政策の一環として長崎に築造された人工島。鎖国時代に唯一西欧に開けていた港で、現在は当時の街並みや館の様子が再現されています。当時は世界中の東インド会社の寄港地(出島的な地域)とつながっていたために、長崎の出島には世界中の最先端の文化が集まっていました。その長崎の出島にある「旧内外クラブ」にて、初の出島組織サミットin出島が開会されました。

独自調査により出島組織を7タイプに類型化

午前のプログラムでは実行委員会会長の鳥巣智行(Better)から挨拶をしたあとに、実行委員会副委員長の倉成英俊(Creative Project Base)が「出島組織とは何か?」と題し、独自調査より類型化した7つの出島組織のパターンを発表。

「はみだしもの」たちによる1分間の自己紹介

その後参加社全社が自己紹介し、それぞれの取り組みを1分で共有しました。1分という短い時間にもかかわらず、それぞれの取り組みは興味深く参加者同士のつながりづくりのきっかけとなる時間に。

出島組織のヒントを出島で発掘

午前のセッションが終了し、ランチは出島表門橋公園で出島を眺めながら、様々なメニューがミックスされた長崎名物「トルコライス」を。その後実施された出島組織のための特別出島ツアーでは、事前にピックアップされたスポットを学芸員の山口美由紀氏がガイドします。「なぜ幕府は江戸ではなく遠く離れた長崎に出島を作ったのか」「辺境から新たな文化がうまれる理由」「「つなぐ」だけではない、橋がもたらす意外な機能」など、出島組織の組織運営のヒントになる解説を受けながら出島を見学したあとに、振り返りの時間ではフリーディスカッションの時間が設けられました。参加者からは「出島の中で生活していた人たちは幸せだったのでしょうか」といった質問が途切れず、参加者それぞれの視点で見つけた出島組織のヒントをシェアする場となりました。

レアな出島組織の事例共有

「知らなかった!こんな出島組織がある」と題した後半のセッションでは、藤本あゆみ氏(Plug and Play Japan)、米田利己氏(コミュニティメディア)、辻諭氏(224porcelain)、新井達夫氏(b.note)が登壇。ファシリテーターを藤吉雅春氏(Forbes Japan)、鳥巣智行がつとめ、大企業型ではない珍しいタイプの出島組織の成り立ちや、そこから生み出されている価値などについて伺いました。

今まで注目されてこなかった「橋」について語る

最後のセッションでは「本土との橋のかけかたについて」をテーマに、柴田裕氏(JR東日本スタートアップ)、樋口謹行氏(Calbee Future Labo)、キリーロバ・ナージャ氏(電通Bチーム)、岩井泰樹氏(Ocean Network Express)が登壇し、藤吉雅春氏と倉成英俊がファシリテーションしながら、話を伺いました。いまだかつて注目されたことがなかった「出島組織」と「本体組織」の橋のかけかたのポイントについて、実践例を交えながら語る様子は多くの参加者が参考になったようです。

長崎市長による認定証書授与

すべてのセッションを終え、最後に長崎出島組織認定が行われました。「長崎出島組織認定」とは、事前に申請した組織に対して、所定の条件を満たしているか実行委員会が確認し、長崎市が公式に認定するというもの。記念すべき第一回の認定式では14社が認定を受けました。認定証と出島への年間パスポートが長崎市長から授与されたのちに、長崎市長からご挨拶をいただきました。

出島の歴史に新たな1ページが

参加者からは早くも来年の開催に期待が集まっています。出島組織サミットでは、年に一度の出島組織サミットを開催するほか、「出島組織サミットオンライン」の開催や、出島組織に関する書籍の発行、オンラインコミュニティの運営を予定しています。次回の開催日時等は未定ですが、活動に関しては公式サイトにて情報発信していく予定ですので、興味があるかたはご確認いただければ幸いです。

出島組織サミット実行委員会:鳥巣智行(Better)/ 倉成英俊(Creative Project Base) / 中村直史(五島列島なかむらただし社)/ 溝口貴史 / 宮嶋貴子(苺堂)/ 原田宏子
ロゴデザイン: DEJIMAGRAPH
写真:上野平将人

出島組織サミット 日本中の出島組織がつながり、知恵の交易をおこなうことで、新たなヒントや突破口をうみだす。そんなサミットが、長崎の出島でスタートします。日本中の出島組織のみなさん、長崎の出島でお待ち... https://www.dejima.team/

Other Works